-[[SONY BMG製CCCDにLAMEのソースコードを盗用した疑い:http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/11/12/1129225]]
 --[[GNU 劣等一般公衆利用許諾契約書:http://www.opensource.jp/lesser/lgpl.ja.html]]
 --[[GPL、LGPL、GFDL に対する違反行為:http://gnu.intissite.com/licenses/gpl-violation.ja.html]]
 
 *分かりやすい解説 [#j49898c8]
 184 :名無しさん@6周年 :sage :2005/11/13(日) 18:58:45 ID:4OXgjdRM0
 
 >>73 ~
 >LAMEがライブラリを公開(販売orフリーで解放)してないのなら盗用確定です 
 
 LAMEライブラリは、LGPL。 ~
 まず、前提知識として、「スタティックリンク」と「ダイナミックリンク」の違いを理解して欲しい。 
 
 -スタティックリンク=ソースがexeの中の人になる   =正社員みたいなもん
 -ダイナミックリンク=ソースがexeの中の人にならない=外注みたいなもん 
 
 で、その上で、GPLとLGPLの違いは、 
 
 -GPL 
  --スタティックリンクでも、ダイナミックリンクでも、  全体のソースコードの公開義務(GPL継承義務)発生 
 --スタティックリンクでも、ダイナミックリンクでも、  全体のソースコードの公開義務(GPL継承義務)発生 
 
 -LGPL 
 --スタティックリンクなら全体のソース公開義務およびLGPL継承義務が発生 
 --ダイナミックリンクなら、 
 ---本体のソース公開義務なし。LGPL適用義務なし。 
 ---ライブラリ側には、ソース公開義務あり。LGPL適用義務あり。 
 
 今回のSONYは、LGPLコードを、DLL(外注)ではなく、「exeの中の人」にした。よって、「全体のソースコード公開義務」が発生するし、「LGPLを適用している」宣言や各種許諾条項に従う必要がある。 
 
 via [[【国際】「用心のため一時的に」 ソニーBMG、違法コピー防止技術採用音楽CDの製造を中止:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1131802690/184]]