米テキサス州、ソニーBMGを提訴・複製防止ソフト巡り

 【シリコンバレー=田中暁人】テキサス州司法当局は21日、レコード大手、米ソニーBMGが販売した複製防止ソフト付き音楽CDが「(パソコン内の情報を外部に漏らす)スパイウエアを音楽CDに組み込んでいる」として、同社を提訴した。

 問題となっているのは音楽CDの複製を制限するソフト「XCP」付きの音楽CD。ウィンドウズを搭載したパソコンで再生するとパソコン内に自動的に組み込まれるXCPが、スパイウエアのように動作することが判明。悪用されると、銀行口座の番号などの個人情報が盗み出される可能性があると指摘している。テキサス州司法長官は「ソニーBMGはスパイウエアから消費者を守る州法に違反している」として提訴に踏み切った。

 ソニーBMGは16日に同CDを回収・交換すると発表。「XCPは複製防止のために組み込んだもので、スパイウエアの配布を意図したものではない」と主張している。

[2005年11月22日]