2005年10月11日
 
 *[[東トルキスタンで行われた核実験で75万人以上が遭難した:http://www.uygur.org/japan/et/2005/1011.htm]] [#ca298d82]
 
 1964年東トルキスタンのロップヌル(Lopnur日本ではよくロプノールと表記される)核実験基地で初めての核実験が行なわれた当時の英語新聞
 
 今年9月に、反中系の大紀元時報・中国語版に、“東トルキスタンで行なわれた核実験で、75万人が犠牲に”という記事が出た。これをうけて、アメリカ政府系の自由アジアラジオウイグル語放送も、9月22〜23にこのニュースを報じた。東トルキスタン情報センターも9月23日ウイグル語で転載した。
 
 それらの内容をここで日本語にまとめると、これらの記事は、60年代にロップヌル基地で行なわれた核実験で、75万人のウイグル人と核実験軍事演習に参加した解放軍戦士が放射性中毒になったことを明らかにした。第三回の核実験では、中国共産党政権は核の効果を確かめるため、陸軍および戦闘機を、“敵”として核実験場に入るよう命令したのだ。
 
 極秘に実施された恐怖のテスト
 
 文化大革命の混乱期に、共産党中国は世界征服の野望の実現へのステップとして、東トルキスタンのロップヌル地区で密かに連続して核実験を行なったのである。数え切れない人々を放射性中毒にし、彼らは若くして、自らの死の原因も知ることなく、命を失っていった。
 
  
 75万人を死に追いやった東トルキスタンのロップヌル地区の核実験は、国防部長までつとめた張愛萍将軍が指揮した。
 
  
 天から放たれた“厄災”
 
  
 これらの核実験のうち1969年の実験では、以下のように恐ろしいことが実行された。~
 張愛萍将軍の指揮下、核実験部隊は、予定の3カ月前にはロップヌル基地入りしていた。~
 50年代にソビエトで造られた爆撃機は、密かにこの基地を飛び立ち、核実験場に向かった。この実験場は地上にあり、今回は“戦場”という設定になっていた。そこには敵役を勤める兵士や、その戦闘機などが配置された。
 
  
 その上に核兵器を落とすという情報は極秘扱いとされ、中国中央政府の一部の指導者以外は誰も知らなかった。解放軍の陸軍、空軍の指揮官、兵士などが互いにどういう任務か質問するのさえ禁止されていた。核実験場から200キロ離れた場所で、命令を待っている軍事演習部隊も、今回の軍事演習の本当の目的を全く知らなかった。
 
  
 当時、陸軍部隊の兵士らは核実験場の“戦場”から敵役の軍用機の残骸と負傷者を輸送する任務のために派遣されていた。後方部隊の兵士らも“戦場”から水や土など、さまざまなサンプルを取ってくるように命令されていた。
 
  
 北京時間午前10時に爆撃機は核実験場の上空に達した。パイロットがスタートボタンを押した瞬間、核爆弾の取り付けられた落下傘がゆっくりと落ちていった。任務を済ませたパイロットは無線で総司令部に報告しながら方向転換し、基地に戻ろうと急いだ。爆撃機がこの危険な戦場を離れたとたん、鼓膜を破らんばかりの爆発音が聞こえ、爆撃機は激しく揺れ、大陸も激しく振動した。巨大な火柱が立ち上り、みるみる大きくなり、地上と空を占領し、高さ11キロのキノコ雲を形成した。
 
  
 部隊はキノコ雲こそ合図だと教えられていた。この雲を見た5万人の演習部隊は命令に従って戦場へ急いだ。~
 戦場は「敵側の基地だ」と教えられていたので演習部隊は戦場を“占領”した。今回の核実験中、陸軍部隊の兵士らは通常の制服を着ていたのみで、放射能防護装備などは全くしていなかった。かくして、彼らのほとんどはまもなく死亡した。
 
  
 このように中国の解放軍を実験台とした核実験も行なわれている。
 
  
 地上核実験では、放射性物質を含んだほこりが、巨大な津波のように押し寄せ、地上と空を覆い尽くした。タクラマカン砂漠、タリム盆地を起点に、天山を乗り越え、東トルキスタンの土地へ広がった。東トルキスタンのタリム盆地を始め、トルファン盆地、天山の北側のジュンガル盆地、パミル高原まで砂埃と煙が広がり、2週間経ってもおさまらないほどだった。
 
  
 1964〜1996年まで東トルキスタンのタクラマカン砂漠の東南に位置するロップヌル(Lopnur)地区で47回も行なわれた核実験で、東トルキスタン、チベット、中央アジアのカザフスタン、キルギスタンの生態環境が無惨に汚染された。
 
  
 東トルキスタンの土地、空気、水、植物、動物、鳥、森、乳幼児を含む国民にどれほど災難を与えたのか国連、世界各国は知る由もない。~
 もちろん、私たちは私たちの土地を奪った中国人を許すことはできない。しかし、それでも核実験で真実を知らされず、放射能対策の装備さえ与えられることもなく、中毒で苦しみながら死んでいった兵士たちには同情を禁じ得ない部分もある。
 
  
 自らに忠誠を尽くしてきた兵士でさえ、虫けらのように殺す中国共産党とその人民解放軍が、私たちをどのように弾圧しているかは、日本のみなさまにもご理解いただけるはずだ~
 中国ファッショ政権は核実験を1999年9月まで実施していた。そのうち1980年までの実験は、すべて地上で行なわれたのである。
 
  
 CENTER:ウイグル太郎~
 CENTER:東トルキスタン情報センター~
 CENTER:2005年10月11日~
 #related